japon

国境を越えに対する情熱は早いです。彼の家族と一緒にパリで初の周年を迎えます。 、8歳で、彼は名前lolito下Bataclanホールでスペイン領事館主催のフラメンコフェスティバルで最優秀賞を受賞した場所です。

しかし、それは彼が彼の弟と彼の最初のレコードの経験を住んマドリードで再び、彼は大量の成功を発見し、トレンドを課すことを開始します。実際、彼の単一の中央のフレーズは、「何が男と間違っています!」 RCA GOLFOS 1976)は、時間の人気の表現としてインストールされます。

仕事の二年後に分離されるマヌエル・マロウ、異端飛び抜けて優秀と簡単な成功にキャッチされ、他の音楽の世界を探索を開始、1978年に作成され、常に彼の兄弟と、MANOLO Y JORGE(RCA)のデュオをポップませ、生きるために両方の欲求によって、個別に、新しい音楽の世界で冒険が、そのパスはそれらの異なる経路を通じて繰り返し再び会う予定です。

長距離では、懸念飽くなき好奇心ミュージカルは、舞台のオンとオフ音楽界のさまざまな分野でのアーティストや作品の広い範囲で作業し、異なるリズムを模索し、別の音楽のグループをリードするマヌエル・マロウかかります。

 

 

個人

 

 

LOS GOLFOS "¿Qué pasa contigo tío? (RCA) 1976.

 

MANOLO Y JORGE " Manolo y Jorge" (RCA) 1978

 

PLASTICO "Nieva & Mil espejos" (RCA) 1980 トレンド New Wave

 

TOREROS After Olé (Nuevos Medios) 1983

 

MANUEL MALOU "Extraños Seres" (Polydor France) 1990-

それは彼のフラメンコとの再会が、異なるフラメンコと融合です。ワールドミュージックPAPA WENBA 、 KALED WOMADフェスティバルレディング(英国)とロニー・スコットのロンドンのような時間の中で最高のアーティストとステージを共有します。このアルバムで, Festival de Nyon (スイス),

だけでなく、ドイツ、ベルギー、イタリア、ギリシャ、カナダのツアー

 

MANUEL MALOU "Corazón Caliente" (WEA) 1993.

 

当時融合は、その芸術的なアプローチからファッションが、不可分ではありません

 

MANUEL MALOU "Mixa cooltura" (BMG Ariola) 1997

このディスクは将来的には、音楽の溶融混合の動きを説明しようとすると、必須のリファレンスです20世紀後半。このアルバム(今後の四半期)の組成を有するとともに、参加 LA FURA DELS BAUS,ショーのオープニングで 1ª EDICION PREMIOS DE LA MÚSICA 第1版音楽賞

 

BUMBA RUMBA "Electrorock&Rumba" (Mixa Cooltura Records) 2004

 

EL TIO MANUEL y los sobrinos " Todo por la rumba" (Papi Records) 2011

 

EL TIO MANUEL MALOU  " Todo por la rumba"  french edition (Papi Records) 2012

 

MANUEL MALOU " Arranca y Vámonos "  (Papi Records) 2014

 

 

映画音楽

 

 

GAZON MAUDIT (Felpudo Maldito) de JOSIANE BALASKO (Virgin) 1995

 

TAXI de CARLOS SAURA 1996. (何のディスクのサウンドトラックはありません).

 

LA DUQUESA ROJA ディレクター PACO BETRIU (Ariola) 1997

 

TORRENTE " el brazo tonto de la ley " ディレクター SANTIAGO SEGURA (RCA) 1999

 

FUGITIVAS ディレクター MIGUEL HERMOSO (Ariola) 2000 書き込み、映画のメインテーマを生成 (fugitivas)この曲で MANUEL MALOU,2001年に受け取りました GOYA "Mejor canción de pelicula"最高の映画の歌

 

YO INVENTÉ UNOS LLOPIS  ドキュメンタリー映画監督 CARLOS PAZOS ( 2012 )

 

 

コラボレーション 

 

 

TOKIKO KATO (japón)"Cypango" (Sony Music) 1991-ソング音楽 "Guitarrista".

 

DAVID KOVEN "David Koven" (Polydor) 1991- Letra de "A gozar mi montuno "によって生成されます "RAY BARRETO"

 

XAVIER JOUVELET "L'indigène" (Mad Minute Music) 1991- 手紙 "Linda Flor"

 

MOTHERSAY "Black Boards" (Comotion Music ) 1991-歌でギターとボーカル "Yaleo"

 

MAXIME LE FORESTIER シナリオを共有します OLYMPIA de Paris, 1992 +フランス、ベルギー、スイス、カナダの長いツアー

 

CHEROKEE "Caballo Loco" (Epic) 1994- リズムギター

 

NIÑA PASTORI "Eres Luz" (BMG Ariola) 1998- 言葉と音楽 "Morao"

 

JOSE ANTONIO RODRIGUEZ "Manhatan de la Frontera" (Discos de arte BMG) 1999- 歌詞と歌声 "Tiata mía"

 

CARLOS NUÑEZ "Os amores libres" (BMG Ariola) 1999-言葉と音楽 "A orillas del río Sil",が演じます CARMEN LINARES.

 

ELENA ANDUJAR "Elena Andujar" (Alias discos) 1999- ギター "Perdí la voz"

 

ORISHAS "A lo cubano" (Crysalis) 2000- リミックス "1.9.9.9."

 

JAVI CANTERO "Javi Cantero" (Muxxic Records) 2001-言葉と音楽 "La llave"

 

MANU CHAO "Próxima estación Esperanza" (Virgin)2001-リミックス"La chinita"

 

MARIA ISABEL " Pues va a ser que no " 音楽 ( Vale Music 2005 )

 

 

プロダクション

 

 

PANAME TROPICAL "Aux indiens du quartier" (RDC Records) 1995

 

LOS DEL RIO "Colores" (BMG Zafiro) 1997

 

HAKIM "Como suena" (Epic) 1998

 

JOSÉ EL FRANCES "Alma" (BMG Ariola) 1999

 

HAKIM "El volcán de tus deseos" (Epic) 2000

 

CARLOS di CANY " Escrito sobre el asfalto " (City Rock Music) 2000

 

PERET "El Rey de la Rumba" (Chewaka) 2000, 歌 "Amor a todo gas

 

EL FARY "Ese Fary" (Muxxic) 2002

 

CHOPO "Gipsy, Rock and Lover" (Chitón y Mixa Cooltura Records) 2002

 

JAVI CANTERO "Tracalcatraca" (Muxxic Records) 2003

 

ANDY & LUCAS "Andy&Lucas" (BMG Music Spain) 2003- "El ritmo de María"

 

LOS AMAYA " Tributo a los amaya" "Vete y Caramelos" (Muxxic Records) 2005

 

2005年後半には、 2006年に彼は彼の新しい録音スタジオで、構成する生産及び記録に戻ったカリブ海のほとりにカルタヘナ・デ・インディアス(コロンビア)に定住、リラクゼーションや反射のための時間を取るために、空気を変更することを決定、出版、レコードレーベル PAPI RECORDS

 

ISAAC LLAMAS "quiero ser presidente" (Papi records) 2006

 

ZONE PEREKE "Cofre de sorpresas" (Papi records) 2007

 

JUSTO VALDÉS "Champeta zucu" (Papi records) 2007

 

HERMANOS VILLALBA "pa toda la vida" (Papi records) 2007

 

PANDEPABLO "Para mi" (Papi records) 2008

 

彼は新しいアルバムを記録した「藤堂ポル・ラ・ルンバ"パパレコードスペインで、彼が2012年にアルバムを発表し、「甥」と呼ばれるミュージシャンと一連のコンサートの後に2011年のプレゼント」藤堂ポル・ラ・マドリード2010リターンでフランスのルンバ」と彼はグループやソロで再生パリで再び落ち着きます。ちょうど2014 "Arranca y Vámonos 「パパレコードと題した彼の新しいアルバムのレコーディングを終えました

Papi Records © 2015